時間指定を避けて節約

多くの単身者の引越しの場合、勤務先からの異動辞令を受けての転居、あるいは新入学や就職に伴うケースが少なくありません。これすなわち、いわゆる繁忙期と称される時期に、業者を利用した引越し作業が必要であり、時に繁忙期ならではの、通常期より割高な料金の負担が避けられないリスクが見過ごせません。ここで費用節約に繋がるポイントとなるのが、可能な限りドライに割り切り、かつ臨機応変に立ち回る姿です

良い日例えば引越しに際し、大安など「良い日」に拘れば、時に料金アップに繋がるケースも否めず、更に時間希望が通らない可能性も高まります。この事を視点を変えて捉えれば、仏滅や友引などを気にせず、更に平日に作業時間の希望を指定せず、業者が到着した時点から搬出開始で予約しておけば、時にかなり大きな費用軽減効果が得られます。

これは何より業者側からすれば嬉しい申し出であり、例えば午前中の予約の業務が終わり次第の作業開始であれば、時間を気にしての悪意無きアクシデントのリスクも回避できるメリットは見過ごせません。また、『ファミリー引越センター』の単身引越しパックのように、あらかじめ時間フリー便で費用を安くしているプランがある業者も多いです。

自身が当日は丸1日引越し作業を最優先せねばなりませんが、早い段階から上手くスケジュール調整を図る事で、こうした賢い業者活用は不可能ではありません。業者に極力無理を強いない利用法は、確かな費用軽減効果を生み出します。


賢い業者利用のコツ

業者引越し先の距離が遠い、あるいは搬入出経路など、入退室する建物の構造や立地条件上の問題などから、専門の引越し業者の利用が欠かせない場合、まずは業者選択作業が重要となって当然です。そしてここで費用を抑えるポイントとして、見積もりを取る前の段階でぜひ視野に入れておいていただきたいのが、果たして「どこまで自身で対応するのか」という見極めです。

当然業者に委ねる作業のウエイトが大きくなれば、それだけ請求金額も高くなります。梱包作業などは出来る限り自ら行う、近隣への転居であれば、事前に自身で運べる物はこまめに自身で事前に運び込み、業者に委ねるのは大きな家具類や電化製品に限定するなど、僅かな工夫と自身の立ち回り次第で、十分な費用節約が叶います

こうしたシミュレーションから、見積もり依頼段階でより明確に、候補先となる業者に情報を伝えられれば、より正確な見積金額が得られるのみならず、当日になっての予期せぬトラブルの回避にも繋がります。仮に搬入出経路が狭い、現在の部屋に搬入する際に、他の業者が苦労したポイントなどの事前情報は、今回請け負う業者にとっても貴重な情報であり、よりスムーズな引越し作業完了に繋がります。


単身引越しと業者活用

比較的近距離の引越しの場合、友人知人の助けを借り、自分達で家財道具の搬入出を行う選択肢も当然見過ごせません。とりわけ繁忙期など、通常より割高料金を負担するも、第一希望の日時の予約確保が難しく、自分達でも何とかなりそうだと判断出来れば、わざわざ業者に依頼するメリットが見当たらなくなるのも自然な流れです。

搬入搬出作業ですが素人判断で侮ってはならないのも、家財道具類の搬入搬出作業です。搬入時はスムーズだった共用部廊下階段の搬出に手間取り、うっかり傷をつけてしまうリスク、更には到着した搬入先に積載して来た家財類が運び込めず立ち往生など、決して珍しいケースではありません。新年度間近など、こうした光景に遭遇した記憶をお持ちの方々もおられるであろう通り、次は自身が当事者となってしまうリスクを考えれば、やはり業者を利用しても確実な作業完了が見過ごせません。更には集合住宅の他の居住者への配慮や、建物に面した道路への駐車からの積載作業に際しての年面の確保など、素人作業では行き届かない部分に対する不安も、熟練の引越し業者のスタッフへの一任であれば無用です

必要最小限だけの作業を業者に依頼すれば、それだけ費用の軽減が叶うのみならず、金銭面以外の自己負担も軽減されます。ここでは賢く確実にベストマッチの業者を選択する上での基礎知識や、見積もり確認段階で踏まえておくべきポイントなど、単身者の引越しに役立つ内容をご紹介します。