時間指定を避けて節約

多くの単身者の引越しの場合、勤務先からの異動辞令を受けての転居、あるいは新入学や就職に伴うケースが少なくありません。これすなわち、いわゆる繁忙期と称される時期に、業者を利用した引越し作業が必要であり、時に繁忙期ならではの、通常期より割高な料金の負担が避けられないリスクが見過ごせません。ここで費用節約に繋がるポイントとなるのが、可能な限りドライに割り切り、かつ臨機応変に立ち回る姿です

良い日例えば引越しに際し、大安など「良い日」に拘れば、時に料金アップに繋がるケースも否めず、更に時間希望が通らない可能性も高まります。この事を視点を変えて捉えれば、仏滅や友引などを気にせず、更に平日に作業時間の希望を指定せず、業者が到着した時点から搬出開始で予約しておけば、時にかなり大きな費用軽減効果が得られます。

これは何より業者側からすれば嬉しい申し出であり、例えば午前中の予約の業務が終わり次第の作業開始であれば、時間を気にしての悪意無きアクシデントのリスクも回避できるメリットは見過ごせません。また、『ファミリー引越センター』の単身引越しパックのように、あらかじめ時間フリー便で費用を安くしているプランがある業者も多いです。

自身が当日は丸1日引越し作業を最優先せねばなりませんが、早い段階から上手くスケジュール調整を図る事で、こうした賢い業者活用は不可能ではありません。業者に極力無理を強いない利用法は、確かな費用軽減効果を生み出します。